小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top

意匠(21)

郵便ポスト




郵便ポストの数
 小樽市内には郵便ポストが、支店管理が218基、私設が4基、店内が12基、合計250基ある。私設では市立病院、協会病院、済生会小樽病院、済生会西小樽病院にそれぞれ設置されている。店内というのはコンビニの店内に設置されているポストをいう。

小樽の郵便ポスト
 郵便事業株式会社小樽支店が設置している郵便ポストは、1号丸型27基、1号角型68基、2号6基、3号4基、9号19基、10号56基、11号12基、13号2基、14号24基で合計218基と分類される。
 この中で「1号丸型」が27基と多い。例えば苫小牧にはこれが3基しかない。この「1号丸型」は誰もが見慣れた赤い丸帽子をかぶった伝統的なポストである(昭和24年誕生)。だから新しく都市形成された苫小牧には、それ以後に製造された新しいポストが多くなる。
 ポストは消防署だけが使用する消火栓と異なり、市民が郵便物を出すために使う者なので、ポストの形状によって市民が使い分けるわけにはいかない。つまりこのポストの形状が異なるのは、製造するメーカーが「設置しやすい」「維持しやすい」「やすい」といった付加価値を提案し、老朽化して交換する必要がある場合のみ取り替えるものだ。だから機能が異なることは全くない。ポストはポストなのである。