小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
alwHOMEalw読んでみるalw地産(23) 後志でなにが生産されているの?

地産(23) 後志でなにが生産されているの?

ブルーベリー
ブルーベリーヒルしんとう(新藤農園)
代表 新藤 勲 氏


ブルーベリーの木
ブルーベリーの木

収穫されたブルーベリー
収穫されたブルーベリー
仁木町とブルーベリー
 仁木町は余市とともに、北海道の果樹栽培の一大産地として知られている。昭和後期、国の減反政策により水田休耕地は他の作物へと転換されていった。当時、仁木町長だった島本虎三氏は中央とのパイプを活かしセゾングループの総帥堤清二氏の助けを借り、農業の再生に取り組んだ。昭和56年、セゾングループから転作作物としてブルーベリー栽培が提案され、農協青年部を中心に栽培することとなった。栽培技術指導はセゾングループが全面的に協力し、青年部は各地の栽培試験場で研修を重ねた。それまでブルーベリーは道内での栽培実績がほとんどなく、仁木町としても期待の作物だった。
 ブルーベリー産地の長野県より最初に取り入れた苗は「ハイブッシュ種」といって、幹はツツジのように「やぶ状」で成木になると株の幅は約2m、高さは2m程度。仁木町の気候に合った耐寒性の強い品種だった。これを機に、品種、作付面積を増やし、今では道内一のブルーベリー産地となった。

出荷用
出荷用
新藤農園
 徳島県がルーツの新藤家。「しんとう」という呼び方は徳島県出身の証しらしい。
 仁木町へ入植した当時は畑作農家だったが、徐々に果樹に転換していき、現在三代目の新藤さんは主にリンゴ、ブドウ、ブルーベリーを栽培している。果樹園の総面積は約4.5ha。リンゴが主力ではあるが、ブルーベリーも約1ha程栽培している。主な品種として7月中旬から収穫が始まる「ウエイマウス」、主力の「ブルークロップ」他、全7種の品種を栽培している。

栽培と品種
 ブルーベリーの国内生産量は1位が長野県、2位岩手県、次いで青森県、北海道と続く。道内では仁木町の他には長沼町、南幌町、江部乙町が主な産地だが、仁木町は道内の生産量の約半分が生産されている。
 ブルーベリーの品種は国内では100種以上あるといわれ、その内、耐寒性の強い品種が道内で栽培されている。新藤さんは1aに14〜15本栽培し、約1,400本のブルーベリーを管理している。
 栽培の手間はさほどかからないブルーベリーとはいうものの、4月の枝切りに始まり、収穫までは潅水(水やり)、草刈り、収穫後は潅水、施肥、草刈り、11月には1,400本に荒縄での雪囲いと、木の数が多いと相当の作業量といえる。また春の開花期には、マメ小蜂を増やして畑に放し受粉させる。ブルーベリーの花はスズランのように小さいのでミツバチでは大きすぎ、体が花の中に入らないのだ。
 今年の収穫量は残念ながら芳しくないという。それは木自体が、冬の凍害の影響を受けているようだ。積雪期を迎える前に厳しい寒さが来たため、かなりダメージを受けた木が多い。昨年よりはかなり収穫量は少なくなると予想している。

ギフト箱
ギフト箱
ブルーベリー市場
 ブルーベリーはアントシアニン色素が多く含まれているため、近年「視力回復効果」や健康食品として注目され、全国的に栽培が盛んになり需要は増えてきている。生食用としてより、加工用がほとんどを占める。健康食品の他、ジャムやワイン、菓子材料などが主な用途。しかし、需要があるからといって簡単に生産量を増やすことはできない。苗木を植えてから最低3年は収穫しない。苗を植えた翌年から実はなるのだが、木の生長を優先させるためだ。また収穫量が見込めるようになるまでには10年近くかかるため、それまではそれほどの収入は見込めない。今、仁木町のブルーベリーの木は25年を超えたものが多く、今後は老木になっていくため、大切に手入れをするとともに、若い木を成長させ、畑を活性化させていかなければならない時期に来ている。

ヨーグルトとブルーベリー
ヨーグルトとブルーベリー
夏の味
 ブルーベリーの収穫時期は7月中旬から8月中旬。一番おいしい食べ方は農園で木からもぎ取って食べるのが一番。でもこれはなかなか難しい。もし生食用が手に入ったらヨーグルトやアイスクリームと一緒に食べ、ほのかな甘酸っぱさを楽しむのがポピュラー。あとは自家製ジャムにして長く楽しむこと。リンゴのように長く保存できる果樹ではないので、この時期こそ、この味を楽しんでみては。

ブルーベリーヒルしんとう(新藤農園)
〒048-2411 余市郡仁木町東町11-36
TEL& FAX 0135-32-2316
E-mail b-berry@trust.ocn.ne.jp
URL http://www5.ocn.ne.jp/~b-berry/

*国道5号線仁木方面に進み、余市町中心部を過ぎて5分程で右手に「岩佐商会」。
 左折してフルーツ街道方面へ行き、吉田農園手前の道を左折し左側。
*ブルーベリー購入希望の方はホームページでご注文できます。
 (但し収穫量不足により、売り切れの場合がございます。)