小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
alwHOMEalw読んでみるalw食材(15) 後志の食材を知ろう

食材(15) 後志の食材を知ろう

可能性を秘めた水
海洋深層水


 海洋深層水は様々な分野に応用できる可能性を持っていますが、その研究はまだ始まったばかりです。効果が科学的に明らかになることを期待しましょう。
 地元岩内町では海洋深層水をどのように利用しているのか、その一部を紹介します。

原水(塩分3%強)
・魚やイカを原水に一昼夜漬けてから干すと程よい塩加減になります。
・活貝の砂抜きに原水を使うと鮮度を落とすことなく砂が抜けます。
・米を炊く時に3合に対して、45tの原水を入れると粘りとツヤのあるご飯が炊きあがります。
・トウモロコシや皮をむいたジャガイモは、原水で茹でると型くずれしないで、おいしく仕上がります。
・お風呂の浴槽に入れると、体がよく温まるようです。

高ミネラル塩水(塩分4%強)
・焼肉の時、肉を30分位漬け込み、水分を拭いてから焼くと柔らかい焼き上がりになります。
・ナスやキュウリの押し漬け。
 漬かったあとにもう一度、高ミネラル塩水にくぐらすと味がしっかりとつきます。

脱塩水(塩分0%)
・化粧水としてスプレー容器に入れ、洗顔後に肌に噴射すると乾いてもしっとり感が残ります。
・髪のセットや寝ぐせ直しにも最適のようです。
・飲用の場合は必ず煮沸して使います。お茶や麦茶、コーヒーなどは本来の味が引き出されます。

 このようにすでに家庭で利用されている海洋深層水ですが、農業分野では土壌冷却、水耕栽培、医療・医薬分野ではコレストロール低下、アトピー性皮膚炎、血中脂質の改善などの研究が今も続けられています。
 岩内町に立ち寄った際は、海洋深層水を買い求め、色々と試してみてはいかがでしょうか。