小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top

編集後記

主役


 主役とは専断的であったり独裁的であったりする役割ではない。主役を輝かすのは演出家の仕事でしかなく、主役は社会の中で、なにかに貢献するから主役足り得る。
 犯人を逮捕する刑事、怪獣を退治するウルトラマン、苦節を肥やしに成功する事業者、素晴らしい結果を記録した選手たちはそれぞれ正義や社会や文化や科学に貢献するが故に主役という称号が与えられる。
 結論は、時代は様々な分野が国際化し、戸惑う国も都道府県もアテにならず、これまで置き去りにされた中小企業と若者とよそ者が地域で国際化を見据えた行動をとり、地域に貢献するシナリオが大切な時代だと思っている。
 小樽では、よそ者が小樽のよさを指摘し、若者がその良さを若者の流儀で輝かし、中小企業がそれをビジネスモデル化できないものか。大人達はそのために産官学連携をし、一つになっていけばいい。

歴史文化研究所
副代表理事・編集人 石井 伸和