小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
コラム
小樽と近代化遺産
 小樽の恵まれた歴史的環境のほとんどは明治以後につくられたものなので、広義の意味での近代化遺産といえます。近代化遺産の歴史的環境に恵まれているというのは、北海道では函館と小樽に特徴的なことで、本州の長い歴史スパンと大きく異なります。

手宮の商店街
手宮の商店街
比較論(15) 
ネームバリュウ
「手宮」という地名は全国の鉄道ファンにとって、むしろ「小樽」より価値があるということを、かつて北海道鉄道文化協議会の創設者から聞いたことがある。いわずもがな北海道鉄道発祥の地、聖地だからである。
 一・・・
分野(36) 様々な観光
沿革
 昭和51年中井 蔚氏が優子夫人と花銀に日本橋を開店。平成元年に現在地に移転し、「小樽寿司屋通り」づくりに奔走。平成11年には堺町に福鮨を開店。平成21年に創業者蔚氏が若くして亡くなられ、優子氏を代表・・・

文化素材(5)
沿革
 手宮線は幌内から石炭を輸送することを主な目的として明治13年11月28日に「幌内鉄道は汽車運転式挙行、手宮・開運町・銭函停車場開業」し、明治15年11月12日「幌内鉄道全通、14日に幌内から石炭到着・・・
文化素材(11)
スポーツジム
 健康とダイエットを兼ねて運動をと思い、スポーツジムのランニングマシンで走っているとき、「なぜこんなところで走っているのだろう?」とふと疑問に思った。「これが都市文明というものだ」と解けた。小樽で走る・・・

国際観光地づくり(17) 〜文化・習慣をコーディネートする〜
 「違い」について疑問に思う事が多々ある。先日は「表現の違い」を感じたのが、東京都内の電車に乗った時である。「ドアを閉めます」と言う車掌さんのアナウンスにふと思った。北海道では、「ドアが閉まります」で・・・
COLUMN
共通項
 ヒップホップは歌(ラップ)、踊り(ブレイクダンス)、スプレー画(グラフィティ)、あるいはファッションをも生み出したアメリカのブロンクスで誕生した総合文化だ。
 一方フォークもまた歌・哲学・ファッショ・・・

養殖池
養殖池
地産(36) 後志でなにが生産されているの
野村商店は漁業から
 野村家の祖父、甚作さんは古平町で昭和初期、漁業を営んでいたが、この頃、鰊漁も衰退期となり、漁業からニジマスの養殖業に転換した。昭和の初期はまだまだ養殖業が少なかった時代。チャレンジ精神旺盛の祖父で、・・・
編集後記
 「倍返し」「十倍返し」「百倍返し」という流行語を放った「半沢直樹」というテレビドラマを正月鑑賞した。
 権力あるいは立場にかこつけて不正をはたらき、見事に隠蔽する悪を退治する勧善懲悪の現代版シナリオ・・・