小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
製氷機
製氷機
地産(35) 後志でなにが生産されているの
ブロッコリー栽培のはじまり
 先月号に続き、羊蹄山麓で奮闘する生産者を紹介。
 雄大な羊蹄山の麓、真狩村緑岡地区はなだらかな丘陵地帯。ここに三代続く生産者、佐々木農園がある。今年から法人化しベジタブルワークス鰍ニして再スタートした。代表は佐々木家の二男、伸さんが務める。他は伸さんの妻、三男の征さん夫婦と母の計5名。
 昭和50・・・

インフラ(5) 地域のためになくてなはらないものたち
市道
 花園十字街から稲北交差点までの国道5号に垂直に交わる市道は16本ある。国道5号は1920(大正9)年 国道に位置づけられ、1930(昭和5)年 現在のルートによる設計において昭和9年1月に小樽-銭函・・・
編集後記
 誰に頼まれもせぬことを誰もがしている社会は来るだろうか。この心境は個人の志とライフスタイルとが合体し社会のビジョンに同化することを表している。「小樽のために仕事を創る」「小樽のために街並みを創る」「・・・

2013.9月号表紙
2013.9月号表紙
2013.9月号
平成25年9月10日発売 定価350円
目次

■歴史
総合史(53) 小樽の歴史を詳しく
小樽の歴史的建造物(24) 歴史と建物が一体になるまち・小樽 -調査か…
博物学(43) 専門分野を正しく
民俗学(14)

■観光
観光学(54)・・・
観光学(56) 観光を読む
中越大地震
 2004年10月23日17時56分に新潟県中越地方を震源として直下型地震が発生した。マグニチュード6・8、最大震度7の「中越大地震」であった。その後、余震が千回以上も続き、死者68人、負傷者4,80・・・

まちづくり運動から学ぶ(32)
世代交代
 ポートは何とか運河を保存し再生させたいと願い誕生した。そして間違いなく運動の効果は上がってきた。この効果を発揮するポートという社会的装置は、「何とか運河を保存し再生させたい」と願う者達がこしらえ、社・・・
観光学(64) 観光を読む
世界で最も美しい湾クラブ
 カタールのドーハで開催されたユネスコの世界遺産委員会で「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産への正式登録が決定された。地域の関係者の長年の努力が結実したことは素晴らしい。
 日本人は世界の中で最・・・

編集後記
 先日、「藻谷浩介・山崎亮『藻谷浩介さん、経済成長がなければ、僕たちは幸せになれないのでしょうか?』学芸出版社」という本を読んだ。
 この中で藻谷氏は、一国の経済成長を指し示す様々な経済指標の数字の絡・・・
帰化人(60) 小樽こだわりのライフスタイル
帰化経緯
 小林氏は25年間、札幌のスイミングスクールでインストラクターとして勤務するかたわら、障害者の「ほっかいどうタンポポ」水泳アドバイザーとして、札幌や小樽で重度の障害者の指導を行い、また養護学校の教師の・・・