小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
分野(3) 様々な観光
ある経験
 古い街並みを保存して観光拠点となっている長野県木曽郡の妻籠宿は、島崎藤村の「夜明け前」のモデルです。妻籠宿には、妻籠宿本陣という施設があり、中へはいると、歯切れのよい声で女性のガイドが案内をしていました。客だまりの片隅でその案内に耳を澄ましていると、七五調のリズミカルな抑揚で、歴史的・文学的・建築・・・

小樽巷文化考
港町ヨコハマ
 先日、上京した折に、横浜に寄ってみました。現在の横浜市域はかなり広く、北部には丘陵地帯もあり、これが横浜? と思えるようなところまでありますが、訪れたのは正真正銘の港町ヨコハマ。横浜はまだ神奈川とい・・・
生ラーメン
生ラーメン
地域資源活用ビジネス(8) 小樽独自のビジネスモデル
好み
 地域ごとに食への好みが異なる例は数多くあるようです。テレビ番組「秘密のケンミンshow」はその特化した事例がうかがえます。
 たとえば、うどんでは関西は昆布だしで薄味、関東は鰹だしで濃味、ラーメンは・・・

編集後記
「乾 杯」
 雪が深々と降っています。
 小樽にゆかりのある小熊秀雄の詩「乾杯」の中に、「洗濯シャボンも使わぬのに自然はいつもあんなにきれいだ」とか「自然の子としての人間の力」という一節があります。
 人間は飾っ・・・
地域貢献 〜外貨獲得〜 (18) 地域経済全体のパイを大きくしてくれる
 小樽史を調べる立場で、いつも大きな疑問があります。小樽の発展を支えたのは北海道の二大資源といわれたニシンと石炭でした。
 ニシンは漁獲・加工・運搬・販売先まで見えていますが、石炭は幌内から小樽に運ば・・・

編集後記
 4月2日、札幌で佐々木邦俊氏(22号参照)のご講演を拝聴した。全日空というアナログの最先端から、BUGというデジタルの最先端の勤務を経て、真言宗の得度をされ、「ホウシュン」として独自の「映蔵菩薩行」・・・
トピックス
背 景
 平成20年から小樽市漁業協同組合・社団法人小樽観光協会・小樽産しゃこブランド化推進実行委員会の主催で開催されている「小樽産しゃこ祭」は今年で4回目を迎える。札幌近郊からも大勢が来場され、その人気は鰻・・・

国際観光地づくり(6) 〜文化・習慣をコーディネートする〜
 私が旅先で驚いた一つに「結婚式」がある。
 各国そしてその国の中でも地域によって様々なしきたりがあるが、なかなか知ることができないのが結婚式である。グローバル化している昨今、国籍を超えての結婚が多く・・・
モダンタイムス
モダンタイムス
トピックス
契機
 平成24年に、北海道ワインはナイアガラを使用したカクテルを開発するために小樽のバー・モダンタイムスの太田義之氏に指導を仰いだ。北海道ワインは地域貢献や地域振興を目的に小樽独自の飲み物を開発することを・・・