小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
文化素材(4)
運河の構図
 小樽運河は全長1,144m(沈砂地24m含む)あるが、埋め立てていない北側の470m部分を運河北端といい、運河北端周辺地区を通称「北運河」と呼んでいる。したがって1,144mから沈砂地24mと北端470mを引くと650mになり、この部分が臨港線として幅原形40mが20mになっている。

トピックス
文化財
 国として最高の位は「国宝」であるが、これは「国指定重要文化財」の中から選ばれる。「国指定重要文化財」は「登録有形文化財」から選ばれる。小樽の文化財で国が指定したものは、「旧日本郵船」や「旧手宮鉄道施・・・
<写真提供:広島県>
<写真提供:広島県>
観光学(39) 観光を読む
うどん県=香川県
 昨年10月に香川県は「うどん県。それだけじゃない香川県」という観光キャンペーンを開始した。香川県の調査では、香川の魅力のトップは「うどん」で69%、観光客飲食状況でも「うどんを食べた」が66%でトッ・・・

東京メトロ新宿駅
東京メトロ新宿駅
比較論(29)
都市ラビリンス
 小樽に住んでいる我々は、車や徒歩で市内を移動する場合、向かっている先が山か海か、あるいは札幌方面もしくは余市方面かということを、地形や方角から自分の位置を客観的に把握している。
 ところが、東京では・・・

国際観光地づくり(19) 〜文化・習慣をコーディネートする〜
 暦は、「こよみ」と読んだり「れき」と読んだりするが、本来の意味を調べてみた。
 元々「太陽暦」から来ているものだそうだが、そこから各国や地方によって、更に日の数え方を分けていった様である。例えば、西・・・
帰化人(50) 小樽こだわりのライフスタイル
帰化経緯
 利尻生まれの簑谷氏は、昭和31年16歳で小樽に技術職として移住。35年の任務を経て、51歳で一念発起し、平成3年堺町に「七日食べたら鏡をごらん」というキャッチコピーで昆布専門店をオープン。以後平成1・・・

編集後記
 人は社会の中で生き、自ら抱く善に照らして、「このままではいけない。多くの人々が苦しむ。なんとかしなければ!」という問題意識から「志」を持ち、同調する者が集い組織をつくり社会改革に乗り出す。そこでこの・・・
インフラ(15) 地域のためになくてなはらないものたち
港文化
「港文化」という言葉に定義はない。「港文化」のわかりやすい事例として、平成12年から日本土木学会が貴重な施設としてと認定している土木遺産をあげることができる。小樽には、小樽港斜路式ケーソン製作ヤード、・・・