小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
COLUMN
小樽観光大学校
 平成18年に小樽観光大学校が設置され、過去8回の検定試験において500人以上が有資格者「おたる案内人」となっている。ということは合格率からして700人以上がこれまで受講もしくは受験したことになる。
 そのカリキュラムは80%が小樽の歴史である。なぜなら、小樽観光の光源は、豊かな歴史的環境を現在に活・・・

意匠(30)
小樽市の公園
 小樽市建設部公園緑地課が管理している市内の公園は93ヶ所ある。地域や地区の要望によって設置されてきた。要望は時代と共に内容も変化し、遊具、砂場、水飲み場、トイレ、樹木、さらにはゲートボール仕様などの・・・
国際観光地づくり(15) 〜文化・習慣をコーディネートする〜
 各国の友人とお酒をいただく際に文化交流となるのが「乾杯」の挨拶だ。この乾杯一つに1時間以上話が続く。それは、各国言葉はもちろん、どの様に飲むか、話が尽きない。
 例えば乾杯を世界各国どの様に言うか、・・・

2013.1月号表紙
2013.1月号表紙
2013.1月号
平成25年1月10日発売 定価350円
目次

■歴史
総合史(45) 小樽の歴史を詳しく
小樽の歴史的建造物(16) 歴史と建物が一体になるまち・小樽 -調査か…
博物学(35) 専門分野を正しく
民俗学(6)

■観光
観光学(46) ・・・

餌づくり
餌づくり
地産(29) 後志でなにが生産されているの
東京から小樽、そして余市へ
 東京出身の滝下さん。今から30数年前、東京での職を離れ、ぶらりと小樽へやって来た。当時、富岡町にあった民宿「ぽんぽん船」に寝泊まりし、旅を楽しんでいた。そして、そろそろ東京へ帰ろうとした時、あいにく・・・
意匠(36)
小樽紙匠堂
 平成18年に、新たなビジネスモデルとして、紙を媒体とした文化を創造する目的で印刷会社から小樽紙匠堂が誕生した。絵はがき、ノート、トランプなど多岐にわたった商品開発がなされ、市内の観光施設に小樽の観光・・・

COLUMN
ブランディングとマーケティング
 小樽へ行ったことのない方(ビジター)が行ってみたいと思う動機にはFantasy(幻想的)、REtro(遡る)、Slow(ゆっくり)、History(歴史)があるといわれる。これらの頭文字を並べると偶・・・
観光学(64) 観光を読む
世界で最も美しい湾クラブ
 カタールのドーハで開催されたユネスコの世界遺産委員会で「富岡製糸場と絹産業遺産群」の世界文化遺産への正式登録が決定された。地域の関係者の長年の努力が結実したことは素晴らしい。
 日本人は世界の中で最・・・