小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
alwHOMEalw読んでみるalwコラム 武士道と任侠道

コラム 武士道と任侠道


生き様
 武士道とは、鎌倉時代に誕生した「武士」の人格形成の道徳として磨かれてきたものですが、「武士」の他は「百姓」「町人」あるいは「農工商」などの身分があり、その中で「武士」は生産活動をしないかわりに「軍事」や「行政」という人命や秩序に任じ、人の上に立つに足る人格形成が必要とされたようです。江戸初期の山鹿素行による「仁義・忠孝」、江戸中期の山本常朝による「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」、江戸末期の山岡鉄舟による「神儒仏三道融和の道念」とされ、明治に新渡戸稲造が「日本独自の精神」として世界に広め、また元武士層によって「君、君たらずとも、臣、臣たるべし」という標語が誕生してきました。
 任侠道とは「弱きを助け強きを挫く、何よりも仁義を重んじ、カタギには迷惑をかけず」とか「馬鹿じゃなれず、利口でもなれず、中途半端じゃなおなれず」などといわれるように、いずれも生き方を表す道であり、これも日本独自の精神といえそうです。
 ちなみに、「ヤクザ」は賭博やテキ屋などのシノギで生計をたてながら、極道者に任侠道を教育し、命を掛けた勢力争いも「ヤクザ」同士で行う者をいい、「暴力団」なる存在は、「麻薬」「詐欺」「恐喝」「殺人」などの犯罪をカタギを対象とする場合をいいます。

たとえば西郷隆盛
 西郷吉之助(隆盛)は薩摩藩独特の若者衆の頭をはりながら、藩主島津斉彬に登用され、「武士道」に身を置くことに生き場所を見いだし、晩年は薩摩に下野し私学校にかつがれたとき「任侠道」において死に場所を決しました。
 そういう意味では、西郷こそ日本人男子の象徴といえます。

ところが坂本龍馬
 同時代人でありながら坂本龍馬はそういう「重さ」よりむしろ「爽やかさ」が感じられます。国家をつくり近代化しなければ植民地にされるので、士農工商はもちろん、幕府や藩などにこだわらず、新たな国づくりへのビジョンを説いて回りました。極めて日本的でない人物かもしれません。

龍馬待望の背景
 両人を比較したとき、西郷は方法であり「HOW」なら、龍馬は目的であり「WHAT」なのです。即ち日本は「何を目指すか」に弱く、「どう生きるか」に共鳴をしやすいお国柄といえそうです。「方法」は修練さえ積めば普遍性がありますが、「目的」は限られた者にしか見いだせません。だから西郷には共鳴者も多くまた語り継がれ、龍馬は死後もしばらく歴史や巷間には登場してきませんでした。
 現在、龍馬ファンが多いのは映画やテレビや漫画で普及し、「明るくお茶目で友達感覚」に脚色されたり、龍馬を演じる俳優へのファン層の厚さによるところも多いのですが、より大事な原因は、龍馬が社会の新たなビジョンを提案して、それに見合う国家づくりのコーディネートをしたように、現代は私たちの社会の未来予想図を誰もが渇望していることを物語っています。

ビジョン実現の背景
 ビジョンが普遍性をおび実現する背景には、時の中枢にいる人々に武士道や任侠道がなければなりません。でなければどんなに素晴らしいビジョンでも潰されてしまうし、武士道や任侠道というフィルターを通さなければ誰もついていかないからです。幕末には西郷隆盛や勝海舟が龍馬のビジョンを受け入れる役を任じました。
 西郷さんがいうなら、勝さんがいうなら、多くの人々が共鳴するのです。さらに西郷や勝にうなずかせる龍馬も素敵です。「一人の馬鹿者と二人の利口者がいれば社会は変わる」といわれのもむべなるかなです。

政権交代
 2009年の衆議院選挙では劇的な政権交代が実現しましたが、果たしてどうでしょう。かりそめにも民主党のマニフェストである「官から民へ」「中央から地方へ」「縦から横へ」がビジョンとするなら、それを実現する強い意志を持つ武士道と任侠道の保持者は誰でしょう。
 花火として打ち上げられた分子が喝采ものでも、分母が軽ければリアリティはありません。日本の高潔な伝統的精神の遺伝子が潜在しているとすれば、武士道や任侠道の徒が現れなければ政権交代はオチャラケで終わります。

ひるがえって地方
 地方が主役の時代というビジョンが掲げられているのに、肝心の地方は鈍感です。長年の依存のしがらみの中でどうすればいいのかを見いだせないというのもありますが、自力回復に多くの時間を必要とするほど弱っているのも事実です。
 望むらくは国と地方の間に武士道と任侠道を駆り立てる制度や約束があればと思います。とはいえ何よりも同じ事は地方にも言えるのです。
 地方のありようのビジョン、それを支える武士道と任侠道の徒が地方にも求められています。

時代のターニングポイント
 ビジョンを求める武士道・任侠道の徒、武士道・任侠道の徒をうなずかせるビジョン、鶏が先か卵が先かではなく、自然とこういう関係が、そろそろ地方の小樽にも芽生えるといいですね。