小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
alwHOMEalw読んでみるalwトピックス

トピックス

第3回 おたる産しゃこ祭
小樽産しゃこブランド化推進実行委員会
事務局:(社)小樽観光協会



運河公園のしゃこ祭風景
運河公園のしゃこ祭風景

絶賛
 九州大学農学部教授である浜野龍夫氏が研究論文で、小樽の高島でとれたシャコの「大きさと味」について太鼓判を押すほど絶賛されたのを契機に、ここ10年間、小樽市漁協において小樽産シャコを小樽の新たなブランドにしていく努力が重ねられてきました。

実行委員会
 2008年に北海道庁の水産畑を歩み副知事から小樽観光協会会長に就任した故真田俊一氏の熱いリーダーシップのもと、小樽市漁協と小樽観光協会とがタッグを組んで、小樽産しゃこブランド化推進実行委員会が立ち上げられ、第1回おたる産しゃこ祭が開催されます。

荒波しゃこ次郎
荒波しゃこ次郎
しゃこ次郎デビュー
 第2回の2009年には公募により、「荒波しゃこ次郎」が「見た目は悪いが味は良いぜ!」とキャラクターとしてデビューを果たし、市内各企業に働きかけ、新たなシャコレシピがどんどん開発され、しゃこ祭にラインナップしてきました。

第3回おたる産しゃこ祭
 今年は、11月20・21日に運河公園をメイン会場に多彩なレシピと共に盛り上がりをみせてきました。小樽ビールの「しゃこパスタ」、田中酒造の「しゃこ煎餅」、じょっぱり亭の「しゃこバター醤油ラーメン」、ラティン・アミーゴスの「しゃこパエリア」、長福水産の「しゃこカレーそば」、あさり屋の「しゃこ棒寿司」などが会場で、また市内飲食店では、青塚食堂の「しゃこ天丼」、貴賓館の「しゃこお重」、オーセントホテルの「しゃこの味楽御膳」、おたる桜坂の「しゃこ天そば」などまさに小樽は「しゃこ天国」となりました。