小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
alwHOMEalw読んでみるalwトピックス

トピックス

中国の春節


大型連休
 春節は中華圏の中国、台湾や、韓国、シンガポールの祭日で、2月3日あたりから約1週間の国民的休暇がとられる。日本でいうと5月の連休や正月の連休のように待ち遠しい大型連休である。

起 源
 起源は4000年前に遡るほど諸説あり、また時代とともに変化しているが、中華人民共和国が成立する1949年9月27日、中華人民政治協商会議第一次選対会議において旧暦の正月を春節と定め今日に至っている。

春節動向
 春節開始とともに、一般企業、官公庁も一斉に休みに入り、大量の帰省・観光客に対応すべく特別輸送体制「春運」が始まる。春運期間の移動者延べ人数は、今年は2010年の春節時期に比べ、11.6%増加となり、春節を挟む約一か月以上もの期間中、過去最高の延べ28億5千万人が移動すると見込まれている。
 経済成長、中間層の台頭、生活様式の変化を背景に高額商品の売り上げが好調な他、大型連休を利用した海外旅行や外食といったモノの消費だけでなくサービス消費も活発になっている。

観光動向
 中国からの海外旅行客も過去最大規模の延べ1,200万人に達する見通しで、中国人観光客争奪戦は何も日本国内だけの話ではなく、韓国でも、また香港やマカオ、そして台湾なども躍起になっている。大手旅行会社の中国青年旅行社は、海外旅行による収入が前年を40%上回り、過去最高になると試算してる。
 日本観光局(JNTO)の調べでは、 中国人観光客の来日動機のトップは「ショッピング」で、中国人観光客のお土産・物品購入代は1人当たり11万円を超え、 外国人の中で購入単価では断トツ。訪日中国人の約3割は20〜30代の女性が占める。
 日本を訪れたのは100万人で、うち観光客は45万5千人余り、リピーター率は13%で香港(79%)、韓国(51%)に遠く及ばないが、海外旅行目的地は1位中国香港(49%)、2位中国マカオ(25%)、3位中国台湾および日本(ともに17%)となっている。つまり外国の中ではなんと日本はトップを占める位置にある。しかも北海道は日本国内の中でも抜群の知名度を誇っているという。

<深圳在住 最上広太郎氏>