小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
広域観光(4) 他地域との連携
後志の特徴
 後志は北海道の縮図ともいわれ、山の代表である羊蹄山、海の代表である積丹半島を有し、豊かな自然景観と海の幸・山の幸に恵まれ、開拓の玄関口となった歴史があります。そして年間2,143万人(平成19年度後志支庁統計)の観光客が訪れる、北海道の主要観光地域の一つです。
 1市13町6村で成り立つ後志支庁で・・・

意匠(10) 石垣
必然性
 勾配のある土地に住宅を建てる場合、水平を確保するために石垣を組む技術は世界中に確認できる。小樽は坂の多い土地柄、必然的に石垣のある住宅が多いことに気が付く。
COLUMN
人間史
 人は欲望の生きものである。欲にはキリもなければケジメもない。放任すれば殺戮もまかり通る。あまつさえ、あらゆる動物の中で同類どうしで殺め合うのは人間だけという、極めて危険な生きものでさえある。
 だか・・・

分野(26) 様々な観光
小樽市の景観行政
 小樽市では、まちづくり熱、観光熱の沸騰や、市民の誇りを喚起する世論から景観に向けた、様々な指定や選定を行っている。

歴史的建造物の指定
 昭和60年から、大家倉庫や魁陽亭など65軒の歴史的建造物を・・・
意匠(21)
郵便ポストの数
 小樽市内には郵便ポストが、支店管理が218基、私設が4基、店内が12基、合計250基ある。私設では市立病院、協会病院、済生会小樽病院、済生会西小樽病院にそれぞれ設置されている。店内というのはコンビニ・・・

国際観光地づくり〜文化・習慣をコーディネートする〜(7)
 ホテルと言っても、ランクによって評価が違う。星の数で判断するのが世界の基準になっているが、その星の決め方は、その国その団体等によっても違うのである。
 例えば二つ星のホテルなのに、心温まるサービスを・・・
まちづくり運動から学ぶ(12)
既存の政治へのケジメ
「まちづくり」などという言葉がまだない時代である。学生運動を目一杯経験してきた山さん(山口 保)や格さん(小川原 格)にとって、地域の市民運動などにはどこかニヒルな視点を持たざるを得ない。ここに「水取・・・

地産(21) 後志でなにが生産されているの
移住
 三浦さんは33歳の時、田舎暮らしに憧れ脱サラ、夫婦で埼玉へ移住。そこで農業を5年勉強し、本格的に就農を目指した。黒松内町へは新規就農者を募集していたことと、受け入れ態勢が整っていたことから、今から2・・・
COLUMN
本末転倒
 企業への規制は年々強化され、経営環境も厳しさを増している。就業時間規制、休日規制、税金規制、生産履歴規制、原材料値上がり、円相場など実に多彩だ。利益にこだわることから邪道に走るケースが社会問題となり・・・