小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
明治39年以後の日本郵船(正面には既にレールはない)
明治39年以後の日本郵船(正面には既にレールはない)
文化素材(13)
手宮線
 手宮線は明治13年11月に手宮〜札幌間開通、同15年手宮〜幌内全通したことは周知だが、当初は日本郵船の正面にレールが敷かれていた。現在の旧日本郵船は明治39年に建て替えられたが、明治18年から現在地に小樽支店は存在し、運河のない時代だから船入間を現在の運河公園あたりに持っていた。手宮線の移設はこの・・・

帰化人(41) 小樽こだわりのライフスタイル
帰化経緯
 昭和38年、東京の板橋生まれの佐藤氏は、北海道大学理学部在中から既存の塾の講師や家庭教師などのアルバイトに従事する。家庭教師のアルバイトが多い日には、1日8軒もの家庭訪問で一日20時間超の記録的な激・・・
宍道湖
宍道湖
比較論(36)
文化的視点
 経済的視点ではなく文化的視点で全国を見渡したとき、島根県は上位にランクされることに異存はない。経済的には人口が尺度となり、全国47都道府県中46位の712,000人、ちなみに最下位は隣の鳥取県。文化・・・

観光学(51) 観光を読む
世界遺産
 富士山が世界文化遺産として登録される可能性が高まっている。六月中旬にカンボジアの首都プノンペンで国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会が開催されることになっており、その会議で世界遺産リスト・・・

インフラ(5) 地域のためになくてなはらないものたち
市道
 花園十字街から稲北交差点までの国道5号に垂直に交わる市道は16本ある。国道5号は1920(大正9)年 国道に位置づけられ、1930(昭和5)年 現在のルートによる設計において昭和9年1月に小樽-銭函・・・
編集後記
 幸福感を持てるありがたさを味わったこともない者にサービス業などできないし、物のありがたさを味わったこともない者に小売業や製造業などできず、自然のありがたさを味わったこともない者に農業や漁業などできな・・・

帰化人(60) 小樽こだわりのライフスタイル
帰化経緯
 小林氏は25年間、札幌のスイミングスクールでインストラクターとして勤務するかたわら、障害者の「ほっかいどうタンポポ」水泳アドバイザーとして、札幌や小樽で重度の障害者の指導を行い、また養護学校の教師の・・・
点検時作成図面(平成21年2月)<提供:小樽市建設部建設事業課>
点検時作成図面(平成21年2月)<提供:小樽市建設部建設事業課>
インフラ(18) 地域のためになくてなはらないものたち
張碓の沿革
 明治3年(1870)年4月、開拓使が小樽郡に熊碓・朝里・張碓・銭函の4村を設置したのが張碓村の公的誕生である。それ以前では、 元禄3(1690)年に稲荷神社創立、寛政年間(1789年)に岡田半兵衛が・・・