小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
編集後記
 7月4日、演劇集団テアトロ浅草橋の主催により、「赤い運河 神様のいない祭り」が公演されました。運河保存運動の先駆けとなった故・藤森茂男氏をモデルとしたリアリティある内容でした。
 藤森氏が運動から遠ざかったころの昭和53年から保存運動に参加した私にとって、身につまされるものを感じました。
 藤森氏・・・

まちづくり観光(13) まちづくり運動と観光
朝里の変遷
 小樽市が朝里村を併合したのは昭和15年9月で、それまでの朝里村は熊碓・朝里・張碓・銭函からなる独立した自治体でした。そして戦後の小樽市の都市化にともない、新光地区や望洋台地区が住宅地として開発され、・・・
第9代会長 山本 憲治氏
第9代会長 山本 憲治氏
まちづくり観光(24) まちづくり運動と観光
日本青年会議所発
 昭和57年の日本青年会議所(JC)において、全国各地のJCが呼びかけて「市民会議」を組織し、経済や行政に偏らない市民運動の定着をねらい、行政と民間の橋渡しを担おうという方針が決定される。
 当時小樽・・・

帰化人(21) 小樽こだわりのライフスタイル
帰化経緯
 青森県から曾祖父が北海道に移住、積丹のニシン漁に従事した。父は土木建設業に従事し札幌に移住、昭和36年に積丹で生まれた坂井 章氏は家族と共に札幌に移り小中高を過ごし、以後仙台の東北大学に進学し、当時・・・
国際観光地づくり(1) 〜文化・習慣をコーディネートする〜
 十数年前、北海道に初めて台湾の航空会社が乗り入れした時の事。チャーター便であったため、国内線のターミナルを国際線ターミナル化とし、問題は多々あったが、無事に飛行機が離発着できた。その1時間後くらいの・・・

兼六園
兼六園
比較論(33)
加賀藩
 金沢藩は加賀藩ともいい石高は102万5千石。支藩の富山藩10万石と大聖寺藩7万石を合わせると120万石に近い。江戸時代最大の石高で幕府の天領約420万石の約4分の1にあたる。徳川将軍家からみればさほ・・・
2013.8月号表紙
2013.8月号表紙
2013.8月号
平成25年8月10日発売 定価350円
目次
■歴史
総合史(52) 小樽の歴史を詳しく
部門史(38) 小樽のテーマ別の歴史
小樽の歴史的建造物 (23) 歴史と建物が一体になるまち・小樽 -調査…
博物学(42) 専門分野を正しく
民俗・・・

アーティスト(10)
略歴
 1976(昭和51)年小樽生まれの花和氏は札幌手稲高校・北見高等技術専門学院を卒業後、電気工事の仕事に従事するが、ニュージーランドのクライストチャーチに2ヶ月間放浪の旅に出掛ける。そこで先住民族マオ・・・