小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
食材(1) 後志の食材を知ろう
おいしいメロンを見分ける
 おいしいメロンのできる条件は、水はけのよい肥沃な土地、すんだ空気、きれいな水、そして昼夜の温度差が大きいこと。今回ご紹介した赤井川村はこの条件すべてが当てはまります。
 さて、店頭に並ぶメロン、どれが食べごろでおいしいメロンか皆さんは分かりますか。因みに夢畑の連 茂氏は3番ネットが張るまで収穫しな・・・

小樽巷文化考
 最近、地球温暖化防止が声高に叫ばれ、「エコ」や「省エネ」がブームとなっています。北海道でも流氷が少なくなったり、湖の結氷時期が遅れたりと温暖化が原因ではないかといわれることが目立ってきました。
 た・・・
観光学(9) 観光を読む
民主党政権による観光立国
 今年8月の総選挙前に観光業界のあいだで奇妙な噂が流れていました。いわく「民主党政権になると観光予算が大幅に削減され、昨年新設された観光庁も廃止されて観光部に格下げになる」という根も葉もない噂でした。・・・

地域経済(6) 経済を読む
経済危機
 アジアでは経済成長が続き、中国での車の販売台数が世界一になった、ベトナムでの化粧品販売が毎年二桁の伸びを示しているなど、明るい話が聞かれます。しかしアジアも1997年タイで発生した通貨危機が引き金と・・・
編集後記
 本号の「地域資源活用」でいう山本氏の接客を研究する姿勢は見事だが、ここでは氏のいう深い領域の話ではない。一元客の我が侭についてである。
 展示会などを歩くとブースごとに係員がお客に説明をしている風景・・・

国際観光地づくり〜文化・習慣をコーディネートする〜(7)
 ホテルと言っても、ランクによって評価が違う。星の数で判断するのが世界の基準になっているが、その星の決め方は、その国その団体等によっても違うのである。
 例えば二つ星のホテルなのに、心温まるサービスを・・・
編集後記
 41号「文化素材」で「若者」について書いた。一方「大人」についてふれる。この国の性格として「和を以て尊しとする」のはいいが、「既得権益を侵されたくない」ために新たな誕生の足を引っ張る正当化に「和」を・・・

帰化人(46) 小樽こだわりのライフスタイル
沿革
 昭和23年札幌で生まれ、郵便局勤務の父親の転勤のため3歳で余市に移転、余市高校卒業後日本大学芸術学部に入学するが父の訃報により中退し昭和47年帰郷。北海信用金庫理事長と生前父親が懇意であったことから・・・