小樽の皆さま、小樽出身の皆さま、小樽ファンの皆さまへ! 自立した小樽を作るための地域内連携情報誌 毎月10日発行
bg_top
バックナンバー記事ランダムピックアップ
帰化人(1) 小樽こだわりのライフスタイル
主旨
 「地域とともに生きる」という新たなライフスタイルやライフワークが誕生しています。近隣に何でも揃っていて便利であればいいという「消費者」から脱皮して、地域にこだわりを持つ「生活者」のことです。
 このような「生活者」は中央より地方に顕在します。大方が満たせる大都市より、余分なものを排除して、地方で公・・・

編集後記
「小樽は味わうと虜になる街」と言う人がいました。「味わう」という意味は、何度か訪れ、何度か地元の人と交流し、早い話「住めばわかる」ということ。「虜」という意味は、いつしか街にかかわる夢を抱いていること・・・
地産(6) 後志でなにが生産されているの
創業
 大正3年、初代、紀 伊右エ門(当時19歳)が新潟県佐渡郡から岩内町万代(まんだい)に渡り、一八紀伊商店を創業し、海産商、木炭商を営む。現在の社名の中に「興業」という水産加工会社では珍しい文字を使って・・・

まちづくり学(3)
 前回は「コンパクトシティ」の源流について紹介してみました。今号では引き続き…と行きたいところですが、本学創立100周年の記念行事に合わせて、今回は本稿のもう一つのテーマである「地域と大学」に関して述・・・
観光学(31) 観光を読む
東アジア共同体構想
 批判だらけの菅直人首相が退陣し、新たに野田佳彦内閣総理大臣が誕生した。野田新首相は、今後の外交方針の一つとして、鳩山由起夫元首相が打ち出した「東アジア共同体構想」の棚上げを表明している。
 鳩山構想・・・

意匠(26)
由来
 暖簾の由来は「きれのとばり(帳)をつるして日光を防ぎ、また目かくし用としたもの」であったが、寛永(1624〜1644)年代から普及し始め、元禄・宝永(1588〜1711)には大いに流行した。その利用・・・

国際観光地づくり(21) 〜文化・習慣をコーディネートする〜
「Low Cost Carrier」略してLCC。格安航空会社という意味である。日本の草分けとなったのは、スカイマークエアラインズである。今では搭乗口も他社と変わらないコンピュータ設備やボーディングブ・・・
ベイフェスタ小樽2014フライヤー
ベイフェスタ小樽2014フライヤー
アーティスト(16)
会わせたい男がいる
 平成26年5月26日衝撃の出会いがあった。まちづくり運動の仲間 佐藤孝氏からの紹介で、花園浮世通り「もっきり荘」に足を運んだ。佐藤氏「こちらがBIGZAMです」。背が高く精悍な顔つき、BIGZAMは・・・